ザンギとは?

ザンギとは

ザンギと北海道一般的にニンニクや生姜を入れた醤油ダレに漬け込んだ鶏肉を小麦粉や片栗粉にまぶして揚げた物を唐揚げと言いますが、北海道では、「ザンギ」と言われています。
調理法としては漬けダレに漬け込んだものもあれば、素揚げしたものや揚げる前に粉をまぶしたもの、後からタレを付けて食べるものなど様々です。
北海道では、家庭や飲食店のみならず、お出かけ先のお弁当やハイキングでは勿論のこと、お正月にも出てくるという、とても馴染み深い文化があります。また、鶏肉を使ったものだけでなく「タコザンギ」を含め、豚・羊・鹿・タコ・イカ・鮭などあらゆるものに「ザンギ」という名称がつけられています。当社では、北海道の独自文化と捉えています。

ザンギの由来

諸説は、中国語で鶏のから揚げを意味する炸鶏(ザーチ)が、訛ったものによる説のほか様々あるのですが、実際のところハッキリした根拠は、まだ見つかっていません。
しかし、「ザンギ」という名称で、初めて提供されたのは、釧路市の焼き鳥店「鳥松」と函館市の「陶陶亭」が発祥の地ではないかとされています。

北海道のザンギいろいろ

  • ザンギと北海道
  • ザンギと北海道
  • ザンギと北海道
  • ザンギと北海道
  • ザンギと北海道
  • ザンギと北海道